• |
  • MACKINTOSH LONDON 0

    現在、カート内に商品はございません

  • MACKINTOSH LONDON 0

    現在、カート内に商品はございません

スタイリスト村山佳世子さん厳選! この冬買い足すコートはブラウン系が旬の選択

2020.12.26

スタイリスト村山佳世子さん厳選! この冬買い足すコートはブラウン系が旬の選択

「この秋冬の流行色は、モスグリーンやパープルなど、いずれもブラウンとよく合います。似た形のコートを持っていても、色をブラウンにするだけでトレンド感とリュクス感が出るんです。」と、語るのはスタイリストの村山佳世子さん。雑誌『eclat』や『Marisol』で活躍中の村山さんに、マッキントッシュ ロンドンの新作ブラウン系コートに合わせた大人の着回しスタイリングを提案いただきました。

COAT #01
ふわもこループヤーンのコート

  • 「ボリュームのあるループヤーンのコートは、シルク混でつやがあり、とてもリッチ感があります。こんなコートには、グラデーションでベージュのニットを合わせ、白のプリーツスカートで軽さを出してフェミニンに。この色の組み合わせにはゴールドが良く合うので、カーディガンの金ボタンが華やかに効いてきます。ジュエリーをプラスしてもいいですね。」

  • 「キャメル×グレーも、冬に楽しみたい組み合わせ。コートのインナーは、グレーのワントーンでリュクスな色合わせを。足もとはスニーカーなどあえてカジュアルなものを合わせても、大人のエレガントな雰囲気にまとまります。どんなバッグも似合うコーディネートですが、今回は差し色レッドで。」(スタイリスト村山さん)

COAT #02
大人チェックのウールコート

  • 「柄モノのコートでも茶系チェックだと大人の女性でも取り入れやすい。コートがふっくらと温かいので、シャツ合わせでもロングシーズン楽しめそうです。ネイビーのブラウスでトラッドに。ヨーロッパの豊かなマダムの気負わないおしゃれ、というイメージです。」

  • 「奥行きのある細かなチェック柄なので、無地のコート感覚で大胆に着てほしい一着。お尻が隠れる絶妙な丈と、着たときのボリュームがとても今年らしいシルエット。定番的なボトムに合わせてジャケット的に小粋に羽織ると、旬な雰囲気が出ます。チェックの中の赤ラインを拾って、インナーや巻物を合わせて。」(スタイリスト村山さん)

COAT #03
ワードローブに加えたいケープコート

  • 「まろやかなベージュが上品で、クラス感のあるケープコート。トリミングがアクセントになり、ポイントに。フェミニン、カジュアル、モード…とどんなスタイルの人にも楽しめると思います。手持ちの服を何でも合わせられそうですが、今っぽさがあるのは、ロング丈コートに、ロング丈のスカートのスタイリング。長いものに長いものを重ねるのが今年らしいバランス。」

  • 「ミルキーベージュと相性のいいクリーミーピンクのニットを効果的に使った、心が浮き立つコーディネート。ボトムはブラウン系で引き締めるのも素敵ですし、こんなふうに白デニムを合わせるとクリーンな印象に。デニム自体はカジュアルなのに、ケープのボリュームと気高さでリュクス感が失われません。」(スタイリスト村山さん)

ーPROFILEー

スタイリスト 村山佳世子 Kayoko Murayama
雑誌『eclat』や『Marisol』などで活躍するスタイリスト。研ぎ澄まされたトレンド感覚で、マニッシュからフェミニンスタイルまで、絶妙なバランス感覚と色合わせでスタイリング。大人の女性が取り入れやすい自然体のコーディネートが人気。

関連商品